ハイドロテクトの塗装

粘土で出来た作業員

住宅リフォームを行う場合、居住者の快適性や利便性を向上させるという観点から見ればメインとなるのは内装リフォームです。
しかし家を劣化させないという広い意味での利便性のためには、外装のリフォーム工事も同じくらい重要です。
家の外装には木材あるいはコンクリートなどさまざまな建材が使用されています。
最近ではサイディングと呼ばれるパネル材が利用される例も増えてきています。
そのいずれにしても、コンクリート打ちっ放しなどの一部の例外を除いて一番外側は塗装面になっています。
塗装は家の外観を美しく保つ目的を持っていることはもちろんですが、同時に建材が風雨や太陽光線に直接さらされるのを防ぐ役目も果たしています。
したがって外壁塗装を常に良好な状態に保っておくことは、建材の劣化を予防するためにとても重要なのです。

住宅の外壁塗装は、使用している材料や自然環境などによっても左右されますが、おおむね10年程度で劣化すると言われています。
つまり住まいの質を維持するには、10年ごとの塗り替えリフォームが必要だということになります。
これを行わずに放置しておくと、塗装面だけでなくその下の建材部分まで傷めてしまい、柱や壁を本格的に補修しなければならなくなるおそれが出てきます。
近年、外壁リフォーム用の塗料は研究開発が進み、いろいろな特性を持った製品が実用化されています。
もともとビルや橋梁などに使われていた耐久性の高いもの、特殊な顔料を混ぜて遮熱性を高くしたものなど、さまざまな種類の中から選択可能です。
リフォームのやり方次第では、家の寿命を当初の想定以上に延ばすことも可能になります。

Copyright(c)2015 適した業者を選ぶことで、高機能の外壁塗装ができる